2010年01月26日

ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)

 ドロップシッピングと呼ばれる電子商取引をめぐり「確実に商品が売れる」などと不当な勧誘をされ高額な契約金を支払わされたとして、ネットショップを開設した7人が22日、サービス提供業者「オフィス・ピー」に40万〜62万円の返還を求める訴えを大阪地裁に起こした。原告側弁護団は昨年10月にも別の業者を相手に提訴している。訴状によると、原告らのネットショップは実際には売り上げがほとんどなかったり掲載したい商品が取り扱い停止になったりしたという。

【関連記事】
ドロップシッピング 「高額契約金」返還求めネット出店主ら提訴
ドロップシッピングで違法勧誘、初の集団提訴
ネット商取引「ドロップシッピング」出店者の被害続出
アフィリエイト広告 違法サイトの資金源に
違法サイトにアフィリエイト広告仲介 社長を書類送検

<雑記帳>松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)
低額宿泊所FIS 新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
千葉真子さんが子供たちに“夢”指導 滋賀・草津(産経新聞)
posted by 2ntxcttjry at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。