2010年01月13日

小沢氏秘書 第2回公判 寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言(産経新聞)

 準大手ゼネコン「西松建設」から小沢一郎民主党幹事長側への違法献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた小沢氏の資金管理団体「陸山会」の元会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規被告(48)の第2回公判が13日、東京地裁(登石郁朗裁判長)で開かれた。検察側の証人として、西松の元総務部長が出廷し、「どの政治団体を通じて小沢氏側に寄付をするか、毎年、大久保被告と打ち合わせを行った」と証言した。

 元総務部長は西松側の献金実務を担当。元総務部長は平成9年に西松が小沢氏側への献金を開始した際、「上司に言われて、窓口担当になった」と証言。12年以降は、大久保被告が小沢氏側の窓口になり「(西松側のどの団体から小沢氏側のどの団体に献金を行うのか)割り振りを打ち合わせた。(年間の献金額合計)1500万円は上の指示で最初から決まっていた」と指摘した。

 初公判で検察側は、小沢氏側が献金を受けた団体は実体がなくダミーだったと指摘。大久保被告には違法性の認識があったとしている。弁護側は、「大久保被告は政治団体に実体があったと認識していた」と無罪を主張している。

 起訴状によると、大久保被告は平成15〜18年、陸山会などが実際には西松から受領した3500万円の献金を、西松OBが設立したダミーの政治団体から受けたと政治資金収支報告書に虚偽記載。また、18年10月ごろ、ダミー団体名義で陸山会などに行われた西松の企業献金300万円を受領したとされる。

【関連記事】
小沢氏秘書、きょう第2回公判 西松の献金“取り仕切り役”が出廷
石川議員 立件額4億 強制捜査も検討 東京地検
聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も
取材応じず1週間 特捜の切り札は…資金問題 小沢氏「違法行為はない」
小沢氏、土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」
小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も

v198e6suのブログ
r3ke3pfkのブログ
債務整理・自己破産
競馬サイト
クレジットカード現金化 即日
posted by 2ntxcttjry at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。