2010年02月07日

国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟(時事通信)

 知的障害の程度を過小評価され、障害基礎年金の支給を拒否されたとして、滋賀県内の知的障害者6人が不支給決定の取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省は2日、訴えを認めた先月19日の大津地裁判決について、控訴を断念することを決めた。
 同省年金局事業管理課は「原告らの個別の症状について、事実認定で争うのは困難と判断した」としている。 

【関連ニュース】
「最低保障年金」の具体化に期待=社会保障で政府に協力姿勢
「勉強見る」と浴室でわいせつ行為=NPO副理事長逮捕

有識者会議委員免職も検討=全国町村会長逮捕で−長妻厚労相(時事通信)
ゼネコントップ聴取 胆沢ダム受注時の社長ら(産経新聞)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
最高齢棋士有吉九段が引退へ(時事通信)
センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)
posted by 2ntxcttjry at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。